あなたの家にも相続がやって来た?

マネー
西本 美乃
2014.10.28

■何が変わる? 改正のポイント

来年2015年1月から、相続税の改正でなにがかわるのか・・・?
それは「基礎控除(非課税枠)」の減額。

相続税は通常、「基礎控除」という税金のかからない部分があります。その「基礎控除」来年1月から、今の基礎控除の6割ほどに減るのです。

例えば、
ご両親とお子さま2人のご家庭で、ご両親のどちらかが亡くなった場合を見てみると…

今まで税金のかからない部分が7,000万円まであったのに、来年1月からはそれが4,200万円まで。それを超える部分は相続税がかかってくるのです。この改正で、相続税を払うことになる人が、ぐっと増えるといわれています。・・・あなたのご家庭もその中に含まれているかもしれません。


■うちは大丈夫? 揉めごとは身近なところで起こっています

「うちは不動産と少しの預貯金だけだから、関係ないわ」と思っているあなた!!本当に大丈夫ですか?実はそういうご家庭こそ、相続で揉める事例が多いのです。「相続で揉めているなんて身内の恥」と周りに知らせず、ひっそりと揉めていることも。

     
         
遺産分割事件のうち、なんと73%は5,000万円以下の相続、さらに見てみると29%は1,000万円以下の相続で揉めてます。(*)参考:最高裁判所「司法統計年報(家事事件編)」
こうなってくるともはやひとごととは言ってられません。「うちは大丈夫」と自信を持って言えますか?


私がお受けするご相談のなかに「うちは子どもがいないけど、主人にもしもの時は財産はどうなるの?」「再婚して、前妻との間に子どもがいるんだけど…。」など、それぞれのご家庭ごとに悩みを持っていらっしゃいます。

 
そこで次回、事例を使って、事前にできる生命保険などを活用した対策法をお伝えします。
遺す方も遺される方も相続について向き合うチャンスです。今からできる相続対策を一緒に考えていきましょう。        
    

 

 


 

執筆者情報

西本 美乃
株式会社京都インシュアランス
人生における夢や目標をかなえるために、ライフプランを中心に、資産運用・住宅ローン・相続関係のご相談を承っております。
執筆者プロフィール

コメント