早期発見で治癒率90%以上!!

その他
川原 丈幸
2015.05.01

ママさんやキャリアウーマンなどの女性のお客様から、相談を
最近多く受けています。突然ですが、そんな皆さんにお尋ねします。
乳がん検診を受診していますか?
奥さまや身近な方はいかがでしょうか?

実は京都のがん検診率は全国34位という低さ。
世界と比べてみても、欧米の検診受診率が70%以上であるのに対し
日本は20%程度※2と、とても受診率が低いのが現状です。
※1出典:平成25年度 乳がん検診受診者数・受診率<都道府県別>政府統計の総合窓口
※2出典:OECD Health Date2011

乳がんになる人の数(罹患者数)は1996年に女性の悪性疾患の
第1位になって以来、その後右肩上がりに上昇し、2007年には
1年間で60,986人近くの女性が乳がんになっています。
女性の約12人に1人が乳がんに罹患すると言われる状況にもかかわらず、
乳がん検診の受診率が低いのは意識がまだまだ低いかもしれません。
出典:独立行政法人国立がん研究センター がん対策情報センター


■早期発見で90%以上が治るといわれている
乳がんは早期発見で適切な治療さえ行えば、90%以上が治癒すると
いわれている病気です。
図1でわかるように、早期の乳がんはほとんど命を脅かすことがないのです。
 

つまり早期発見により「乳がんで死ななくてすむ」ということです。
定期健診を心がけることが乳がん予防の第一歩となるのではないで
しょうか。

また、早期発見なら乳房を温存するなど、治療法を医師と相談して
選択できる可能性も高いのです。入院期間やの治療期間なども比較的
短いので経済的負担も軽くすみ、今までと同じようなライフスタイルを
続ける事ができるでしょう。乳がんは「見つかる事」が恐いのではなく、
「知らないまま」で過ごすのが恐い事なのではないでしょうか。


■乳がんも遺伝するの?
昨年米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんで話題になりましたが、乳がんは
遺伝するがんの1つとされています。
親から子に引き継がれる遺伝子が原因となり、乳がん全体の5~10%※3を
占めるとされており、傷ついた遺伝子を修復する働きを持つ「BRCA」
という遺伝子に異変があった時に細胞の修復機構が破綻して、乳がんを発症し
やすくなるとのことです。

余談ですが、男性も乳がんになるリスクはあるのです!
病例数は乳がん症例全体の1%にも満たない稀なケースですが、
女性に比べて他の組織に転移しやすいので注意が必要です。
※3出典:平成25年度 乳がん検診受診者数・受診率<都道府県別>政府統計の総合窓口


■京都市での受診料は?
京都市では乳がん検診(30歳以上の市民女性)を2年に1回受診する
よう促進しており、受診料は1,300円です。
私は認定ライフケア・プラクティショナーALCP(日本医療コーディネーター協会認定)
の資格を取得しており、検診の受診率向上に、少しでもお力になれればと思っています。

 

執筆者情報

川原 丈幸
株式会社京都インシュアランス  専務取締役
”無理なく” ”無駄なく” ”不安なく” ”賢く” そして ”楽しくお金を貯める” 
人生楽しくがモットー!!
執筆者プロフィール

コメント